参考文献はこちら

2014年07月28日

とりあえず、佐吉舟(リクエスト)

佐吉舟.jpg

佐吉舟(さきちふね)

『まんが日本昔ばなし』にて放送された怪談。

『まんが日本昔ばなしデーターベース』のあらすじを簡単に説明する。

八丈島に
太兵衛(たへい)と佐吉(さきち)という
小さい頃から仲の良い漁師がいた。

だが、二人は互いに船主のヨネを好きになり、
それが原因で仲が悪くなった。

ある日、佐吉舟が大波を受けて沈んでしまい、
太兵衛に助けを求めたが、言い争いになり、
太兵衛は佐吉を殴り、佐吉は海に沈んでしまった。

それから数日、太兵衛が漁に出たとき、
佐吉の亡霊が現れ、柄杓をくれと言った。

太兵衛が柄杓を渡すと、
水を入れられ舟は沈み、
佐吉は消え、太兵衛は波にのまれ消えたという。

「佐吉舟」という個別の伝承を見つけることが出来なかったが、
「船幽霊」の話は全国各地に伝わっており、
その中のひとつかもしれない。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(14) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

とりあえず、どうさい

どうさい.jpg

どうさい

岐阜県に伝わる蝦蟇の妖怪。

蝦蟇の表皮はざらざらで硬いため、
大きくなることが出来ないが、
人の手でその皮を剥いてやると、
その度に大きくなるという。

それを七年繰り返すと、
蝦蟇は「どうさい」となり、
礼として妖術を教えてくれるといわれている。

どうさいは執念深く、
捨ててもその度に戻ってくるといわれている。

また子供がいじめると、
その家の飯を腐らせるという。

どうさいが床下に棲み付くと蚕が病死するので、
養蚕の時期は蛇を大切にするといわれている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

とりあえず、ひるまん坊主

ひるまん坊主.jpg

ひるまん坊主(ひるまんぼうず)

高知県の宇津野山付近に出たという妖怪で
「ひるま坊主」
とも呼ばれる。。

河童やシバテンの類といわれており、
小坊主の姿で現れ、
相撲を挑んでくるという。

ある人が相撲をとってみると、
組み付いていたのはとげの生えた木で、
体中傷だらけになってしまったといわれている。

ある人は、
挑まれても無視し続けたところ、
とらないから饅頭を食おうと誘われ食べたが、
食べされられていたのは馬糞であったという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

とりあえず、眇魚

眇魚.jpg

眇魚(すがめうお)

「片目の魚」「片目魚(かためうお)」とも呼ばれる、
全国各地に伝わる、
水の中の魚全てが片目、
もしくは一匹だけ片目の魚がいつ何時でもその場所にいる、
という怪異。

その魚を獲ったり、
食べたりすると祟られるといされており、
ドジョウ、うなぎ、カジカなど魚の種類は様々である。

片目になった原因も、
主の証として片目となった、片目にさせられた、
恨みを持って死んだ者の霊が片目の魚となった、
武将が負傷した目を洗った際、その場所の魚が全て片目になった、
高僧が調理された魚を蘇らせた所、その魚が片目になった、
など様々である。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

とりあえず、衛門三郎

衛門三郎.jpg

衛門三郎(えもんさぶろう)

徳島県小松島市に伝わる化け狸。

年を経た古狸で、
付近の狸たちの頭株であったといわれている。

阿波狸合戦では
「金長狸」
の参謀を務めたといわれている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

とりあえず、地蔵狸

地蔵狸.jpg

地蔵狸(じぞうだぬき)

徳島県小松島市の
立江寺(たつえじ)境内に住んでいたという狸。

善良な狸で、
人を化かすことは決してなかったといわれている。

また他の狸に化かされている人がいると、
助けてくれたという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

とりあえず、お六狸

お六狸.jpg

お六狸(おろくだぬき)

徳島県那賀郡那賀町和食の
蛭子(ひるこ)神社境内に住んでいたという化け狸。

嫁入りを真似したり、
猫に化けて悪戯したりしたといわれている。

ある魚売りが、
石を投げてこの狸の尻に当てたところ、
帰宅してすぐ大熱が出て、
あることないこと口走ったという。

その後お詫びの言葉を言ったところ、
すぐに治ったといわれている。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

とりあえず、チュンチライ

チュンチライ.jpg

チュンチライ

鹿児島県奄美大島に伝わる妖怪。

人の顔をした魚
――いわゆる人面魚である。

風も無く、
海の底が見えないほど深く、
透き通るような海中から浮かんでくるという。

船上の人を見て、
また沈むといわれている。

「チュンチライ」が出たときは、
必ず大時化になるので、
急いで帰港しなければいけないといわれている。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

とりあえず、ホグラ

ホグラ.jpg

ホグラ

熊本県の天草島でいう妖怪。

河童が年老いて
変化したものだといわれている。

山に入って、
クロソギという木の切り株に棲むといわれている。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

とりあえず、ヨゴレハッチョウ

ヨゴレハッチョウ.jpg

ヨゴレハッチョウ

長崎県長崎市に伝わる妖怪。

深夜に現れるといわれている。

詳しいことはわからないが、
諺の「夜声八町(よごえはっちょう)」
――夜は静かだから声が遠くまで届く――
からきているといわれる。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。