参考文献はこちら

2022年09月26日

とりあえず、針女

1028針女.png

針女

主な出身地:愛媛

愛媛宇和島地方に現れる妖怪で別名を
「ヌレオナゴ」「笑い女子」という。

ざんばら髪の先に鉤がついており、
それを男に引っ掛けて連れ去ってしまう。

この鉤は大男でも身動きできないほどだという。

美しい容姿をしており、
笑いかけてくるのでおもわず笑い返してしまうと、
何処までも追いかけてくるという。

ある男が笑い返したことにより追いかけられたが、
家に逃げ込んだ際に、
障子戸ではなく板の大戸を閉めたことより難を逃れた。

夜が明け大戸を見てみると、
鉤のついた髪で付けたのだろう無数の傷跡が残っていたという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

とりあえず、栄螺鬼

1027栄螺鬼.png

栄螺鬼

主な出身地:和歌山、三重

万物は長い間生きていると霊力を身につけて
変化すると言われているが、
三十年生き延びたさざえがこのさざえ鬼になるといわれている。

その姿はさざえに手と足が生えたもので、
普段は海底で大人しくしているが、
月夜の晩などには海面に浮上し、
踊るという。

紀州の波切と呼ばれるところは昔海賊の本拠地があったそうだが、
そこの海賊が海で溺れている女を引き上げ、連れ帰った。

海賊達が女を求め、女は体を許したが、
ことごとく睾丸を抜き取られてしまったという。

その女はさざえ鬼の変化したものであり、
後に海賊は睾丸を返してもらうかわりに、
大量の黄金を支払ったという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月24日

とりあえず、否哉

1026否哉.png

否哉

主な出身地:宮城、山陰地方

仙台の城下によく出たといわれる妖怪で、
中国の山陰地方にも出たという。

後ろから見ると美しい女性に見えるのだが、
その顔はいやらしい爺のものだという。

後姿を見た男が女だと思い声をかけるとその顔を見て驚く、
その様を眺めるのが好きなのだろう。

ある小僧が目の前を歩いている女を見ると、
それが自身の姉にそっくりなので、
声をかけると否哉だったという話があるが、
もしかしたら、
その体は自在に取り替える、
もしくはどのような女性の体にでも変化することが出来るのかもしれない。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月21日

とりあえず、白蔵主

1025白蔵主.png


白蔵主

主な出身地:山梨

甲斐
――現在の山梨県に伝わる狐の妖怪。

夢山の麓に弥作という猟師がおり、
罠で狐を獲り、皮を売って生活しており、
この山に棲む古狐は沢山の子をつくったが
全て獲られてしまっており、恨みを抱いていた。

あるとき弥作の伯父の、
宝塔寺の白蔵主に化けて殺生をやめるよう忠告し、
銭一貫目を渡して罠を持っていった。

銭を使い果たした弥作が再び銭を貰おうと宝塔寺へ向かい、
それを知った狐は先回りして白蔵主を食い殺して成りすまし、
弥作を追い返した。

それから五十年化けていたが、
あるとき倍見の牧で鹿狩見物をしていたときに犬に噛殺され、
白銀の毛を持つ古狐の正体を現したという。

それから、狐が化けた僧や狐のような行いをする僧を
「白蔵主」
と呼ぶようになったという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月19日

とりあえず、べとべとさん

1024べとべとさん.png

べとべとさん

主な出身地:奈良他全国

奈良県でよく遭遇するようだが、
全国的に現れるという怪異で、
夜道を歩いていると後ろから自分のものではない誰かの足音が聞こえてくる。

振り返っても誰もいないが、足音はどこまでもついてくる。

このとき道脇に寄り「べとべとさん先へお越し」と言うと足音は消えるという。

中には
「先に行くと暗くて歩けない」
と返してくるものもおり
「それなら提灯を貸してやる」
と答えると、
提灯を持って先に行き消える。

翌朝になると提灯は返されているという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月17日

とりあえず、天井舐め

1023天井舐め.png

天井舐め


主な出身地:家の中
長い舌を伸ばして天井を嘗める妖怪で、

この妖怪が嘗めた後は黒い染みになるといわれている。

この妖怪を捕らえた者がいたらしく、
城の天井に出来た蜘蛛の巣を嘗め取らせたという。

鳥山石燕著『画図百器徒然袋』に
「天井の高は灯くらうして冬さむしと言へども、
 これ家さくの故にあらず。
 まつたく此怪のなすわざにて、
 ぞつとするなるべしと、夢のうちにおもひぬ」
とある。

灯の届かないのは家の作りに問題があるのではなく、
この妖怪が暗闇をつくっているからなのだということだ。

吉田兼好著『徒然草』第五十五段に
「天井の高きは、冬寒く、燈暗し」
とあり、この妖怪はここから採られている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月16日

とりあえず、煙々羅

1022煙々羅.png


煙々羅

主な出身地:不明

煙々羅は妖怪の中でも珍しい煙の妖怪である。

特に現れたからといって悪さをするわけでもない。

空中に浮かぶ煙がいつまでも消えないのを見ては、
煙の中に煙々羅がいるのだと言っていたと
水木しげる著『図画日本妖怪大全』にある。

「羅」とは薄い織物のことであり、
煙が風によってたなびく様を、
羅が風にたなびくさまに見立て、
煙々羅という名前で呼ばれるようになったという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月13日

とりあえず、たんころりん

1021たんころりん.png

たんころりん

主な出身地:宮城

長く柿の実を採らずに放っておくと、
その柿の木が赤い顔をした入道となって練り歩くという。

宮城県仙台に伝わる妖怪で、
夕暮れ時に袂に柿の実を溢れるほど持ち歩き、
ポロリポロリと落としながら歩くという。

不思議に思ってこの入道の後をつけたところ、
大きな柿の大木が五六本生えている屋敷の前でスーッと消えていったという。

また柿男というものになるという話もある。

とある屋敷に柿の木が生っているのを、
屋敷の下働きの女が見つけ、
食べたいと思っていたところ、
その夜赤い顔をした大男が現れた。

男は串で自分の尻の穴をほじり嘗めろといった。

気持ち悪かったが断るのも恐ろしいので、
言うとおりにしたところ、
甘い味がしたという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月12日

とりあえず、一反木綿

1020一反木綿.png


一反木綿

主な出身地:鹿児島

ゲゲゲの鬼太郎では「鬼太郎どーん」
という鹿児島弁で有名な一反木綿はその方言通り、
鹿児島県に現れる妖怪である。

一反ほどの木綿のようなものが夜な夜な空を漂う。

見た目は恐ろしくないが、人を襲うこともあり、
空からすーっと降りてきて、人の首に巻きつき締め上げたり、
顔を覆って窒息させたりする。

ある侍がこの一反木綿に襲われた際に脇差で切りつけたところ、
刃に血しぶきがついていたという。

もしかしたら狸、狐や狢、もしくは鬼が人を油断させて襲おうと考え、
化けたものなのかもしれない。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月11日

とりあえず、黒髪切

1019黒髪切.png

黒髪切

主な出身地:東京、三重

天鵞絨(てんがじゅう)の化け物とも呼ばれる妖怪で、
その姿は天鵞絨のように真っ黒だという。

天鵞絨とはビロードのことである。

元結の際より髪の毛を気づかれないように切り落とすといい、
切り落とされた髪は、そのままの形で落ちているという。

黒髪切に遭遇したという女中の話がある。

ある屋敷に長年奉公している女中がいた。

夜中に厠に行こうとすると、
突然黒い何者かが現れ頭にあたり、
女中は気を失ってしまった。

物音に集まった人たちが女中を介抱し、
女中は気を取り戻したが、
髻が二間ほど離れたところ落ちており、
そこにビロードのような真っ黒な怪物が立っていたという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする