参考文献はこちら

2022年10月30日

とりあえず、川男

1033川男.png

川男

主な出身地:岐阜などの川辺

江戸時代の国語辞書である
『和訓栞(わくんのしおり)』に名前が見られる妖怪。

人に近い姿をしており、
気のよさそうな顔をしているという。

背は高く、肌の色は黒い。

特に危害を加えることはなく、
二人並んでよく物語を語り合っているという。

高い山を流れる川によくいるといわれ、
岐阜県では投網をしに行った際によく出会ったという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: