参考文献はこちら

2022年10月24日

とりあえず、豆腐小僧

1032豆腐小僧.png

豆腐小僧

主な出身地:不明

江戸時代中期から刊行されはじめたという
滑稽文学である黄表紙に良く出ていたという妖怪で、
大きな笠の小僧で、お盆に紅葉を散らした豆腐を手に持つ姿で描かれる。

一つ目小僧も大きな笠を被り豆腐を持っている姿で
描かれることもあるため、
豆腐小僧の伝承のもととなったともいわれている。

また、手に持つ豆腐に紅葉が散らしてあることから
「こうよう」を
「買うよう」に掛けた洒落であり、
豆腐販売促進のために生まれた創作妖怪であるともいわれている。

何をするわけでもない妖怪といわれているが、
一説には手に持つ豆腐を食べてしまうと
全身にカビが生えてしまうともいわれている。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: