参考文献はこちら

2022年09月21日

とりあえず、白蔵主

1025白蔵主.png


白蔵主

主な出身地:山梨

甲斐
――現在の山梨県に伝わる狐の妖怪。

夢山の麓に弥作という猟師がおり、
罠で狐を獲り、皮を売って生活しており、
この山に棲む古狐は沢山の子をつくったが
全て獲られてしまっており、恨みを抱いていた。

あるとき弥作の伯父の、
宝塔寺の白蔵主に化けて殺生をやめるよう忠告し、
銭一貫目を渡して罠を持っていった。

銭を使い果たした弥作が再び銭を貰おうと宝塔寺へ向かい、
それを知った狐は先回りして白蔵主を食い殺して成りすまし、
弥作を追い返した。

それから五十年化けていたが、
あるとき倍見の牧で鹿狩見物をしていたときに犬に噛殺され、
白銀の毛を持つ古狐の正体を現したという。

それから、狐が化けた僧や狐のような行いをする僧を
「白蔵主」
と呼ぶようになったという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: