参考文献はこちら

2022年09月02日

とりあえず、山精

1017山精.png


山精

主な出身地:中国大陸、不明

山小屋に住む樵や狩人が良く出会うという一本足の妖怪で、
山では貴重な塩を求めてくる。

家の中に手を差し込んだり、勝手に入ってきたりもするが、
塩をやると喜び帰り、後日、
お礼なのか戸口に沢蟹や山鳥などが置かれているという。

この山精は元々山の神だという。

山の神は屋までの行いにより、
人にとって良い神になったり悪い神になったりするので、
山で仕事をするものは山の神の怒りに触れないよう、
注意深く仕事をするのだという。

岩手の遠野では暮れの十二月、
山に入ってはいけないという日が決められており、
その日は山の神が木数えを行っており、
木に数え含まれてしまうためである。

山でよく見る絡まった二本の木は
木数えの終わりの目印なのだという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: