参考文献はこちら

2022年08月06日

とりあえず、酒呑童子

1001酒吞童子.png

酒呑童子

主な出身地:京都大江山、奈良

京都府大江山を根城にしていたという日本最凶の鬼で、
多くの眷属を従えていたという。

大江山に棲んでいたというが、
西京区大枝には酒呑童子の首を埋めたという首塚大明神がある。

人を攫い、血を啜り肉を喰らったという。

源頼光と四天王の活躍により首をはねられたが、
首だけになっても源頼光に喰らいついた。

八俣大蛇を祀る一族の子供という説もある。

奈良県白毫寺(びゃくごうじ)に
夜な夜な人を襲っては喰らう稚児がおり、
それが後に酒呑童子になったともいわれている。

青森県では蚤や虱は酒呑童子の血から
生まれたという俗信もあるという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: