参考文献はこちら

2022年08月02日

とりあえず、ぬらりひょん

098ぬらりひょん.png

ぬらりひょん

主な出身地:不明および岡山

妖怪の総大将ともいわれる妖怪で
「ぬうりひょん」
ともいわれる。

夕方の忙しいときに家に上がり、
勝手にお茶を飲んだりくつろいだりするが、
家の者は誰も気がつかないという。

姿はその屋敷の旦那のようであるとか、
商人のようであるとか、
僧のようであるといわれる。

水木しげる著『ゲゲゲの鬼太郎』では悪行を繰り返しているが、
実際には何をする妖怪なのかはわからない。

岡山ではぬらりひょんは海坊主の一種といわれており、
海上に玉のような姿で浮かび、
取ろうとするとヌラリと沈み、
再び海上にヒョンと浮かんできて人をからかうので
「ぬらりひょん」
と呼ばれる。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: