参考文献はこちら

2022年08月01日

とりあえず、見越入道

0097見越入道.png

見越入道
主な出身地:長崎、愛知他全国各地
「見越」
「見上入道」
などとも呼ばれる
見上げれば見上げるほど大きくなる入道の妖怪の類で、
全国各地に同様の妖怪が伝わっており、
昔は妖怪の親玉ともいわれていた。

「見越入道、見越した」と言い、
前に打ち伏せればスッと消えるといわれている。

長崎県壱岐市では、
夜中に現れ頭上で笹の音を
「ワラワラ」
と鳴らすといわれている。

「見越入道見抜いた」と言えば良いが、
黙って通ると竹が倒れてきて死んでしまうという。

愛知県では三尺ほどの大きさから、
近づくと七八尺、一丈と大きくなり
「見ていたぞ」
とこちらから声を掛ければ良いが、
相手に声を掛けられると死んでしまうといわれている。

正体は狐狸の類であるともいわれ、
手に持つ柄杓や桶、鉈、提灯などが本体とする地域もある。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: