参考文献はこちら

2014年08月16日

とりあえず、三味が淵

三味が淵.jpg

三味が淵(しゃみがぶち)

長野県に伝わる怪異。

長野県佐久穂町では、
昔、諏訪へ向かう座頭が道を聞いたが、
嘘を教えられ迷ってしまった。

途方にくれた座頭は、
悲観してか、
三味線とともに淵へ飛び込んで死んでしまったという。

それ以来、
その淵から三味線の音が
聞こえるようになったといわれている。

また、座頭が泣きながら歩いた坂を
「泣き坂」
と呼ぶようになったという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お次は…四…ですか?
Posted by 蝦蟇仙人 at 2014年08月17日 21:48
いらっしゃいませこんばんは、蝦蟇仙人様。

おっしゃっている意味が最初わかりませんでしたが、びっくりしました。
まったくの偶然です。
…ので、次は意図的で。
Posted by 妖怪たま at 2014年08月20日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。