参考文献はこちら

2014年06月28日

とりあえず、鹿の子狸

鹿の子狸.jpg

鹿の子狸(かのこだぬき)

徳島県名東郡津田浦
――現在の徳島市に伝わる化け狸で、
四国狸の総大将だった「六右衛門狸」の娘であり、
穴観音の付近の狸穴に棲んでいたといわれている。

「小安姫(こやすひめ)」とも呼ばれる。

六右衛門狸の元に修行に来た、
金長狸に恋焦がれ、
父親が金長狸に奇襲を仕掛けた際に、
それを知らせたともいわれている。

合戦が起こる前に、
六右衛門狸に止める様懇願したが聞き入れられず、
身を投げたという。

合戦で六右衛門狸は戦死、
金長狸もその時の傷が原因で息絶えたといわれている。

現在、穴観音に
六右衛門狸とその息子「千住太郎」と共に
「六右衛門大明神」
「千住太郎大明神」
「鹿の子大明神」
として祀られている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。