参考文献はこちら

2014年03月04日

とりあえず、万歳楽

万歳楽.jpg

万歳楽(まんざいらく)

本島知辰著『月堂見聞集』にある怪魚。

正徳二年三月、江戸深川
――現在の東京都江東区の漁師の網に、
長さ七尺程の怪魚がかかった。

頭は鼠で目は赤く、
ひげもあり全身に毛が生えており、
尾は燕のようであったといわれている。

後に江戸城に献上され、
「万歳楽」
というめでたい名前がつけられたといわれている。

姿形から想像するに
「アザラシ」や「オットセイ」のようにも思えるが、
両者が載っている『和漢三才図会』が正徳二年成立であったことから、
異なるモノかと思われる。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。