参考文献はこちら

2013年11月26日

とりあえず、画本纂怪興(リクエスト) いってうら

いってうら.jpg

いってうら

森島中良著『画本纂怪興(えほんさんがいきょう)』にある妖怪。

国書刊行会刊『森島中良集』から解説を引用する。

「人間の身の皮なり。取付(とりつき)に人を悩ます。
 十文字に質やの庭の糸柳誰が身の皮か蔵へ飛〔び〕行〔く〕 菊酒壺」

「身の皮」は体につけている衣服のことで、
質屋へ行った着物が化けた妖怪だと思われる。

「取付」は「(年貢を)徴収する」という意味もあり、
「憑りつき」と掛けているのだろうと思われる。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。