参考文献はこちら

2013年10月23日

とりあえず、キミテズリ

キミテズリ.jpg

キミテズリ・君手摩

沖縄県に伝わる神様で、
琉球王国の守護神であったといわれる。

琉球王国の国王が新たに即位するときに、
安須森御岳(あすむいうたき)から現れるという。

その後、
クボウ御嶽、
斎場御嶽、
藪薩御嶽、
雨つづ天つづ御嶽、
クボー御嶽、
首里真玉森御岳の順に巡り、
各御嶽の神々の力を集め、
最高神女である
「聞得大君」に依り憑き、
新しい国王の前に一度だけ現れ、
徳を授けるという。

この神が現れる前に、
国頭の安須森に、
色鮮やかな涼傘「アヲリ」が出たという。

そのためか、
安須森は別名「アヲリ岳」と呼ばれるという。

沖縄の最高神
「キンマモン」
の異名ともいわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。