参考文献はこちら

2013年10月22日

とりあえず、神マヤー(リクエスト)

神マヤー.jpg

神マヤー(かみまやー)

比嘉涼子著『沖縄マジムン図鑑』に紹介されている、
沖縄県に数百年居続けるという猫の神様。

「マヤー」とは「猫」のこと。

猫の姿をしており、
とても用心深く、
恥ずかしがり屋で、
世話好きだといわれ、
満月の夜に現れて深い知識を授けてくれるという。

「神マヤー」に逢えば、家が繁栄するという。

『沖縄マジムン図鑑』以外で
「神マヤー」の記述が見つからなかった為、
それ以外の詳しいことはわからなかった。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。片足ピンザ、カミマヤー共にお描きくださりありがとうございました。
沖縄は豚、山羊、家鴨と等の幽霊の話が多いです。学校の運動場を夜な夜な豚が泣き叫びながら走り回ると思えば、そこは昔屠殺場だったり…とか言う話が結構あります。多分、ウワァーもヒージャーもアフィラーも沖縄の人にとっては食用として身近な存在だったからですかねぇ。
カミマヤーは数年前首里城公園内の案内VTRで案内役してました。
Posted by 川獺 at 2013年10月22日 21:49
いらっしゃいませこんばんは、川獺様。

他の地域では妖怪になっても、幽霊になって現れるのはあまり聞かないような気がします。
神マヤーについて貴重なお話ありがとうございます。
首里城へ行く機会があれば、神マヤーについて詳しく聞いてみたいですね。
Posted by 妖怪たま at 2013年10月23日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。