参考文献はこちら

2013年10月15日

とりあえず、荼枳尼天・貴狐天王・辰狐王菩薩(リクエスト)

荼枳尼天.jpg

荼枳尼天(だきにてん)

「貴狐天王(きこてんのう)」
「辰狐王菩薩(しんこおうぼさつ)」
とも呼ばれる神で、
密教の一派、真言立川流の本尊でもある。

人の死を六か月前に知ることが出来、
その心臓を喰らうといわれている。

弁財天の眷属の一つともいわれる。

「平清盛」が狩りの途中に
「貴狐天王」と出会い、
弁財天の加護で財を得るために、
荼枳尼天の修法を行うようになったと『源平盛衰記』にある。

インド神話の「カーリー女神」の眷属である
「ダーキニー――空を歩く者の意――」
を由来とする。

人肉を喰らい、踊ながら空を舞うといわれる。

日本に渡り「荼枳尼天」となり、
白狐に乗った女の姿で描かれるようになったという。

後に日本では稲荷と習合、
荼枳尼の概念を含んだ稲荷信仰が全国に広まったといわれる。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リクエスト答えて頂き有り難う御座います!!
「鬼娘」は怖いというより滑稽さが売りの江戸時代の妖怪の代表格ですね。
同じ見世物にされていた妖怪(というか奇人)には他に「丑女」や「提灯男」なんかがいますね。実在したかは微妙ですが…
「貴狐天王」は京極さんの豆腐小僧シリーズに登場する妖怪です。どちらかというと神様かもしれませんが恐ろしい振る舞いは妖怪といって差し支えないようにに思えました・・・。書籍を探したんですが詳しい解説がどこにも載っていなかったので大変勉強になりました。
あととっておきのマイナー妖怪が入荷したのでリクエスト御願いしてもいいでしょうか(笑)「ワタリサンモンメ」というやつです。民俗語彙データベースに載っています。宜しくお願いします。
Posted by 蝦蟇仙人 at 2013年10月27日 20:07
いらっしゃいませこんばんは、蝦蟇仙人様。

「丑女」や「提灯男」が実在したかどうかはわかりませんが、あの時代、きっと鼻ピアスとか鼻提灯とか、適当に理由を付けて見世物にしていたのではないでしょうか。
大きな板に血糊で「大鼬」てやっていたともいわれますしね。

豆腐小僧シリーズはそういえば読んだことがないでしたので、貴狐天王が出ているとは気づきませんでした。
こちらこそ、勉強になりました。

リクエスト了解致しました。
民俗語彙データベース様以上の事はわからないかもしれませんが、ご了承ください。
Posted by 妖怪たま at 2013年10月29日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。