参考文献はこちら

2013年10月06日

とりあえず、藤内狐

藤内狐.jpg

藤内狐(とうないぎつね)

鳥取県米子市の戸上山に棲んでいた化け狐で、
「七変化の玉」
で人を化かしていたという。

あるとき、両足院の和尚が、
京都の稲荷大明神の使いのふりをして、
騙して奪い、化けれなくした。

騙されたと気が付いた「藤内狐」は
仲間の変化の玉を借りて、
和尚を化かして「七変化の玉」を奪い返したという。

その後、「藤内狐」がある馬子を化かそうとしたところ、
逆に化かされ、尻を焼かれたという。

もう人を化かさないと約束して戸上山に帰った「藤内狐」は、
下を流れる法隆寺川に尻を付けて癒したといわれ、
それからその川の別名を
「尻焼川」
と呼ぶようになったという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。