参考文献はこちら

2013年09月22日

とりあえず、がいらご(リクエスト)

がいらご.jpg

がいらご

山形県南陽市に伝わる妖怪で、
「がいらーご」
「げーらご」
とも呼ばれる。

二十センチほどの蝦蟇の様な姿でキーキーと鳴き、
目はなく、音に敏感で、
大きな口には牙が生えているという。

木の上から落ちてきて人を驚かしたり、
首筋にへばりついて血を吸うといわれている。

十メートルの蝦蟇の怪物であるともいわれており、
人里の下りてきて、
民家をつぶして帰っていくといわれている。

成長した姿であろうか。

また、ナメクジの様な姿であるともいわれる。

人の通らない淵に棲んでおり、
人が通ると隠れてしまうほど臆病であるともいわれている。

こちらは逆に幼生であろうか。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(4) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リクエスト答えて頂き有り難う御座います。
ナメクジ型が幼生、カエル型が成体という発想はありませんでした!!
実は思いっきり自分の地元の妖怪なんです。この妖怪を発見したときの喜びといったら…
幼生は臆病だけど成長するごとに凶暴になっていくのでしょうか?面白いです。またまたリクエストお願いしてもよろしいでしょうか?「ついたか見てくろ」。「蛇の目傘のひひ」。両者ともすごい名前です。お願いします!!
Posted by 蝦蟇仙人 at 2013年09月22日 17:59
いらっしゃいませこんばんは、蝦蟇仙人様

幼生と成長は完全に私の推測ですが、そうだったら楽しいなぁと思います。
「ついたか見てくろ」了解致しました。
リクエストの「蛇の目傘のひひ」は、うちの書籍群をざっと探しても見当たらなかったので、詳しい解説もしくは載っている書籍があれば教えていただけると助かります。
Posted by 妖怪たま at 2013年09月24日 00:43
書籍ではありませんが怪異妖怪伝承データベースに「蛇の目傘のヒヒ」として載っていましたよ。
Posted by 蝦蟇仙人 at 2013年09月24日 20:21
蝦蟇仙人様、ありがとうございます。

怪異妖怪伝承データーベース様を参考にさせていただきます。
Posted by 妖怪たま at 2013年09月25日 01:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。