参考文献はこちら

2013年09月04日

とりあえず、関の寒戸

関の寒戸.jpg

関の寒戸(せきのさぶと)

新潟県では狸を「貉」と呼ばれる。

その佐渡に伝わる佐渡貉の親分
「二ツ岩団三郎」
の四天王であり、
団三郎の女房ともいわれる。

「寒戸」はお杉という女性に化けて
人間の男を誑かしていたが、
あるとき能登の船頭と寝た。

「よそものに肌を許すな」
という貉の掟を破った為か、
山崩れにより、
船もろとも生き埋めとなり死んでしまい、
霊を弔うために、
祠を立てて近くに杉の木を植えられ祀られたという。

この神社は
「お杉神社」
と呼ばれていたが、
境内に冷たい風を吹き出す岩穴が出来たことから、
「寒戸神社」
とも呼ばれるようになったという。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。