参考文献はこちら

2013年08月25日

とりあえず、動く人体模型・骨格標本

動く人体模型・骨格標本.jpg

動く人体模型・動く骨格標本(うごくじんたいもけい・うごくこっかくひょうほん)

学校の怪談の一つ。

理科室や理科準備室にある、
骨格標本や人体模型に関する怪異で
「学校の七不思議」の一つ、
もしくは二つとして数えられることが多い。

主に、
骨格標本や人体模型が追いかけてくるというものが多く、
肩を叩かれた、睨まれたなどの目撃証言もある。

実は骨格標本が本物の人骨であるとか、
人体模型の内臓が本物のように動いたりするなどともいわれる。

人体模型の一部を壊してしまったり、
無くしたりすると、
同じ部分を怪我、
もしくは奪われるなどともいわれている。

人間になりたかったのになれなかった悔しさから、
動くようになったとも噂される。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。