参考文献はこちら

2013年08月02日

とりあえず、分部火

分部火.jpg

分部火(わけべのひ)

『諸国里人談』にある怪火。

伊勢国安濃津
――現在の三重県津市の塔世川川上に分部山と呼ばれる山があり、
そこから小さな火が五十も百も現れ、飛び回ったという。

後に五六尺ほどの塊となり、
塔世川の川の流れよりも速く川を下ったといわれている。

塔世ヶ浦から、
老婆顔が渦中に見られる
「鬼の塩屋の火」
と呼ばれる怪火が現れ、
はげしくぶつかり合うといわれている。

一つに固まったり分かれたりを繰り返し、
一方は川上へ、
一方は沖へと向かうという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: