参考文献はこちら

2013年04月28日

とりあえず、ヒルとヨル

ヒルとヨル.jpg

ヒルとヨル

高知県幡多郡に伝わる妖怪。

「ヒル」は
ほのかに光を発して闇夜を飛び、
「ヨル」は
黒い雲のように陰りながら
日中の明るい中を飛ぶといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(3) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ん?昼と夜で一対ってなんかほかと比べて異質な感じしますね
妙に設定が整ってるというか
Posted by at 2013年04月28日 03:47
太極図がモデルのような気が…
Posted by カイム at 2013年04月28日 18:51
いらっしゃいませこんばんは。

>>ん?昼と夜で一対ってなんかほかと比べて異質な感じしますね
妙に設定が整ってるというか

個人的には蟲っぽいなと思いました。
夜は蛍が光り、
昼は羽虫が群れて黒雲のようにかげりますので。


>>太極図がモデルのような気が…

イラストはカイムさまのいうとおり太極図がモデルです。
あの形が好きなため、度々お世話になっております。
光と影だから太極図をイメージで使わせていただいただけなので、
「ヒルとヨル」と太極図はたぶん特に関係ありません。


ちなみに
『妖怪事典』や『日本妖怪変化語彙』には
「ヨル」は載っていますが、
「ヒル」は載っていませんでしたので
「ヨル」の別称が「ヒル」なのかもしれません。


Posted by 妖怪たま at 2013年04月29日 03:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。