参考文献はこちら

2012年11月26日

とりあえず、源五郎狐

源五郎狐.jpg

源五郎狐(げんごろうぎつね)

『諸国里人談』にある、
奈良県宇陀郡に伝わる化け狐。

二三人分働くために、
農民からは重宝され、
飛脚をすれば十日以上かかる関東までの距離を、
七八日で往復したという。

あるとき、
静岡県掛川市の小夜の中山で
犬に噛まれて死亡したといわれている。

三重県伊賀市の広禅寺の
「小女郎狐」は
「源五郎狐」の妻だといわれている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: