参考文献はこちら

2012年06月03日

とりあえず、脛巾脱ぎ

脛巾脱ぎ.jpg

脛巾脱ぎ(はばきぬぎ)

『中南拾遺』にある怪異。

脛巾は旅行や作業の際に、
脛に巻きつけ動きやすくしたものである。

和歌山県伊都郡花園村
――現在のかつらぎ町の棕櫚山を夜に通ると、
脛巾をはぎ取られるという。

妖怪ではないが、
長岡の方言に「脛巾脱ぎ(はっぱぎのき)」というものがある。

長旅を終えて旅装備を外す行為から転じて、
慰労会や打ち上げを指すようになったのだという。

そこから推測できるに、
旅装備である脛巾を道中で取られるということは、
旅が無事では済まないということなのだろう。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。