参考文献はこちら

2012年05月07日

とりあえず、みなづき様

みなづき様.jpg

みなづき様

京都府船井郡富本村
――現在の南丹市八木町観音寺の興禅寺に祀られているという、
帽子をかぶったような人の姿をした、五尺ほどの木の株を
「みなづき様」
と呼んでおり、瓜の初物をお供えしているという。

もともと「みなづき様」は
川の下流の屋賀の集落が祀っていたといわれるが、
洪水の被害に困っていた屋賀の人々は川に
「みなづき様」を投げ捨てた。

すると「みなづき様」は川を遡り、
観音寺の集落の橋の下で
「キーキー」
となぎ声を上げたという。

それに気づいた村人たちが拾い上げ、
その地で祀ったのだといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。