参考文献はこちら

2012年04月19日

とりあえず、グズ

グズ.jpg

グズ

石川県加賀市動橋町に伝わる
「ぐず焼き祭」
は毎年八月末に行われる祭で、
十数メートルの大きな張り子のぐず
――鰍(かじか)が町を練り歩き、
最後はそれを燃やして五穀豊穣を願う。

三百年ほど前、
突如村に「グズ」が現れ、
口から吐く火で田畑を全滅させたり、
子供を攫ったり暴れまわったので、
毎年八月二十七日に人身御供を捧げることで、
怒りを沈めていた。

ある年、
旅の坊さんが「グズ」退治に現れた。

村人は坊さんの指示で
住処の入り口に薪や藁を積み火をつけると、
坊さんの祈りにより火が「グズ」を燃やし尽くし、
退治できたという。

事が終わると坊さんの姿はどこにもなく、
村人たちは氏神様が助けてくれたのだろうと感謝し、
それから「ぐず焼き祭」が行われるようになったといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。