参考文献はこちら

2012年02月10日

とりあえず、海蜘蛛

海蜘蛛.jpg

海蜘蛛(うみぐも)

佐藤成裕著『中陵漫録』に名前のある妖怪。

筑紫国――現在の福岡県の猟師に伝わる。

南の海で嵐に遭い漂流した猟師が、
ある小島へ船をつけた。

すると海岸から巨大な雲が現れ、
白い綿のようなものを船に投げ、
強い力で引っ張ってきた。

あまりの力で驚いたが、
猟師は持っていた刀でその綿のようなものを切ることで、
何とか脱出できたという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。