参考文献はこちら

2012年02月09日

とりあえず、海御前

海御前.jpg

海御前(あまごぜん)

福岡県宗像郡東郷村
――現在の宗像市や北九州市門司区大積に伝わる
河童の女親分。

平家の大将「能登守教経」の奥方
――母親という説もある――
が壇ノ浦で海へ身を投げた際、
河童となり、
福岡まで泳ぎ着いたといわれている。

元が平家のためか、
人間を襲うときは源氏しか襲わないともいわれ、
源氏の色である白色を恐れるともいわれている。

毎年五月五日は、
蕎麦の花が咲くまでに帰って来いと言い、
支配下の河童たちを自由に放つといわれている。

蕎麦の花は「海御前」が恐れる白色のため、
蕎麦の花が咲いている間は、
住処から一歩も出ず震えて過ごすという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。