参考文献はこちら

2011年12月30日

とりあえず、布がらみ

布がらみ.jpg

布がらみ(ぬのがらみ)

青森県三戸郡田子町長坂に伝わる妖怪。

長坂には布沼という大きな沼があった。

「布がらみ」はこの沼の主で、
布に化けて沼の岬の垣根に下がり、
取ろうとする人がいると伸びて絡みつき、
そのまま沼に引き込むと怖れられていたという。

妻と娘を沼に引き込まれた男が「布がらみ」を退治しようと決意した。

沼の岬に着くと神に一心に祈ると、沼の水面がざわめいた。

神のお告げにより持ってきていた鳩の卵を割り、
沼に投げ込んだところ、大きな音を立てて
「布がらみ」の死体が浮かび上がってきたという。

村上健司編水木しげる画『日本妖怪大事典』によれば、
沼の主ということから、蛇のようなものではないかと推測している。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: