参考文献はこちら

2011年12月11日

とりあえず、大峰山前鬼坊

大峰山前鬼坊.jpg

大峰山前鬼坊(おおみねさんぜんきぼう)

『天狗経』四十八天狗の一人で八大天狗の一人で、
奈良県吉野や和歌山県熊野で修験する修験者を守護するといわれている。

「那智滝本(なちたきもと)前鬼坊」とも呼ぶ。

役行者が従えていたとされる
式神「前鬼(ぜんき)」が天狗になったものともいわれている。

「前鬼」には「後鬼(ごき)」という妻がおり、
共に役行者の身の回りの世話や警護を務めた。

元々は、
奈良県生駒市と大阪府東大阪市の県境にある生駒山に棲み、
人々の災いをもたらす鬼の夫婦であったが、
役行者によって改心し、
従うようになったといわれている。

三枚続きの絵である月岡芳年画「武勇雪月花之内 五條乃月」に
「御曹子牛若丸」「西塔武蔵坊弁慶」と共に
八大天狗が描かれており、
大峰山前鬼坊は「大峯前鬼」の名で描かれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。