参考文献はこちら

2011年12月10日

とりあえず、鞍馬山僧正坊

鞍馬山僧正坊.jpg

鞍馬山僧正坊(くらまやまそうじょうぼう)

『天狗経』四十八天狗の一人で八大天狗の一人で、
「護法魔王尊」「鞍馬天狗」とも呼ばれる。

京都府京都市左京区にある鞍馬山の大天狗で、
牛若丸に剣術を教えたともいわれている。

鞍馬山に建立されている
鞍馬寺の本殿金堂内の
中央に「毘沙門天」
向かって右に「千手観音」
左に「護法魔王尊」が安置されており、
これらを合わせて「尊天」と称するという。

「護法魔王尊」は金星から人類を救済するために
降り立ったといわれ、
年齢は十六歳のまま年をとらない永遠の存在であり、
強大な除魔招福の力を持ち、
「サナートクマラ」とも呼ばれる。

三枚続きの絵である月岡芳年画
「武勇雪月花之内 五條乃月」に
「御曹子牛若丸」
「西塔武蔵坊弁慶」と共に
八大天狗が描かれており、
鞍馬山僧正坊は「鞍馬僧正坊」の名で描かれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。