参考文献はこちら

2011年11月25日

とりあえず、パウチ

パウチ.jpg

パウチ

アイヌに伝わる淫魔、淫乱の神で、
普段は「シュシュランペツ」という異界に暮らしており、
男女入り乱れ裸で踊っており、
時に人間界に現われ、人間を誘惑して踊りの仲間に加えるという。

パウチに憑かれると淫乱で騒々しい性格となるといわれ、
浮気をするのはパウチに憑かれたからだとされていた。

石狩川上流の層雲峡は
「パウチ・チャシ」
「パウチカラ・コタン」
と呼ばれ、パウチが造った砦だと伝えられている。

夜盗が石狩地方を襲おうと川を下ると、
層雲峡で踊るパウチに見とれ、
滝つぼに飲み込まれ全滅し、
石狩の人々は助かったという伝説がある。

パウチは元は工芸の神様で、
機織や匠の技を伝えたが、
裸が最も美しいと悟り、
人を裸にする淫魔になったといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。