参考文献はこちら

2011年11月18日

とりあえず、後追い小僧

後追い小僧.jpg

後追い小僧(あとおいこぞう)

神奈川県丹沢地方の山中を通ると、
何者かが後をつけてくる気配を感じ、
振り返ると何者かが隠れた様子が見られるが、
正体がつかめない。

「後追い小僧」
もしくは
「山霊」
と呼ばれる妖怪の仕業だといわれており、
姿は四から十歳の小僧で、
毛皮やボロムシロを着ているといわれ、
害はないとされる。

昼間、特に午後に多く現れたといわれ、
道案内をするように前を行くこともあり、
夜間は提灯のような火を灯して現れたという。

何度も姿を現すときは何か食べ物を置いてやると良いといわれている。

古来から山はあの世に近い異界であり、
死者の霊が多く集まるところと考えられていたことから、
後追い小僧は生者に懐いて現れた霊と考えられていたという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。