参考文献はこちら

2011年11月17日

とりあえず、安宅丸

安宅丸.jpg

安宅丸(あたけまる)

安宅丸は、全長約六十九メートルの
江戸時代の巨大軍艦で
「阿武丸」
「阿宅丸」
とも表記される。

志の低いものや在任が乗ろうとすると、
唸り声を上げて乗船を拒否したという。

後に徳川家康により江戸へ置かれ、
徳川家光に八年間ほど愛用されたが、
その後堀辺に置かれたままにされたが、ある嵐の日
「伊豆へ行こう伊豆へ行こう」
と騒ぎ、自分の建造地である伊豆へ向かい航行、
神奈川県三浦半島で捕らえられ、
再びこのような事がないようにと廃船となった。

酒屋市兵衛が解体された船板を購入し、
穴蔵の蓋に使用したところ、
雇い人に安宅丸の霊が憑いて狂ってしまったという話もある。

本所深川安宅町
――現在の江東区に安宅丸を供養した塚があったため、
この地域は安宅と呼ばれたといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。