参考文献はこちら

2011年11月16日

とりあえず、山の神婆

山の神婆.jpg

山の神婆(やまのかみばばあ)

岐阜県武儀郡下牧村矢坪
――現在の美濃市では毎年十一月七日に、
山の神を祭る祭儀である山の溝を行うが、
地元の人々は、この日に山に登らないように気をつけるという。

もし登ってしまうと、山の神婆に出会ってしまうことがあるという。

山の神婆に出会ってしまった場合、
山の神婆は自分に会ったことを人に話すなと忠告してくる。

もし忠告を破って誰かに出会ってしまったことを話してしまうと、
死んでしまうといわれている。

山の神が女の場合、人間の女に嫉妬をするために、
入山や祭祀に参加を嫌うとされており、
水木しげる著『妖鬼化(むじゃら)完全版5 中部U・関東T』によれば、
神婆はこのような女性神であり、
神聖な姿を語ることを禁忌とした信仰の現われなのだろうと記されている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。