参考文献はこちら

2011年09月14日

とりあえず、蓑火

蓑火.jpg

蓑火(みのび)

滋賀県琵琶湖に伝わる怪火で、
五月頃梅雨の雨がしとしと降る夜に、
湖上を往来する船人の蓑に火が点々と付く怪異で、
琵琶湖で溺死した怨霊の火といわれている。

陰火のため熱くはなく、
落ち着いて蓑を脱ぎ捨てれば消えるが、
慌てて火を払ってしまうと砕けて増えて、
全身を包んでしまう。

新潟県や福島県では
「蓑虫」
「蓑ボシ」
千葉県では
「川蛍」
鳥取県では
「牛鬼」
とも呼ばれる。

大勢でいるときでも、
同行者には見えなず、
付かれた本人にしか見えないという。

鼬や狐狸の仕業ともいわれ、
石屋や大工には付かないともいわれる。

一説には、
一種の可燃性のガスが発行しているだとか、
蓑に付いた露が月の光で光るために
火のように見えるなどともいわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。