参考文献はこちら

2011年08月08日

とりあえず、がたがた橋

がたがた橋.jpg

がたがた橋

岐阜県にあったという怪異。

金右衛門という者の家の前、
越中立山に続く道に橋が架かっていた。

夜中になるとガタガタと橋を通る音がするが姿は見えない。

これは夜立山地獄へと落ちる亡者たちが
この橋を通るためだといわれ、
金右衛門は橋から離れた場所に移り住み、
亡者たちの追善のため供養し、
経塚を立てたところ、
足音はなくなりおかしなことも起きなくなったという。

橋は異界の入り口であると昔からいわれていたため、
似たような話は各地にある。

川の流れが橋桁や橋にあたり、
それが足音に聞こえ想像されたものだという説がある。

乗鞍岳(のりくらたけ)の山頂にあるという
「精霊田」
で亡者たちは水を飲むという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。