参考文献はこちら

2011年08月06日

とりあえず、奪衣婆と懸衣翁

奪衣婆.jpg

奪衣婆と懸衣翁(だつえばとけんえおう)

奪衣婆は「脱衣婆」とも表記する、
死後亡者が渡るとされている川である葬頭河(そうずか)
――つまり三途の川の岸にある
衣領樹(えりょうじゅ)と呼ばれる大木の下にいるという鬼で、
その隣に懸衣翁がいるといわれている。

脱衣婆は
「正塚婆」
「塩塚婆(しおづかばばあ)」
「葬頭河婆(そうずかばばあ)」
とも呼ばれる。

脱衣婆が亡者の衣を剥ぎ取り、
懸衣翁がその衣を衣領樹の枝にかけるという。

生前の罪の重さに応じて枝のしなり具合が変わるといわれている。

三途の川には橋が架かっているともいわれており、
その橋のたもとには柳の木が生えており、
下を通ると蛇となって絡みつくともいわれている。

このためこの柳は「蛇柳」と呼ぶという。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。