参考文献はこちら

2011年07月23日

とりあえず、門神

門神.jpg

門神(かどがみ)

「門入道」
「門の道神」とも呼ばれる、
埼玉県から神奈川県西部及び
山梨県東部の山間部などの関東地方に伝わる神様で、
正月十三日に男女対の魔除けの人形を門口に飾る風習があるという。

門松は大歳神の依代であるといわれているが、
それを六日で仕舞い、
それから門神を飾る地方もあるといわれている。

門神の人形は二十センチから一メートルほどの、
薪や木材に使えない木を、
顔に当たる部分の皮を剥ぎ、
そこに「へへののもへ」で顔を書くことから
「へへののもへいさん」
とも呼ばれている。

二十日の風に当ててはいけないといわれているため、
十九日に囲炉裏にくべて燃やすという。

中国由来といわれており、
鬼を追い払うという兄弟の神の形を作り
門口へ置いたのが門神のはじまりといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。