参考文献はこちら

2011年07月09日

とりあえず、大太法師  妖怪百鬼夜行願 百鬼完走

daidarabotti.jpg

大太法師(だいだらぼっち)

日本各地に伝わる巨人で
「デエデエボウ」
「デンデンボメ」
「ダダ星」
など各地によって様々に呼ばれている。

正確な背の高さはわからないが、
立ち上がれば雲の上に頭が出るとか、
一歩で山を三つは越えられるなどいわれている。

東京都世田谷区代田や
長野県戸隠大座法師池や
三重県志摩市大王町など
足跡が湖となったり
食べた貝の殻が積もり丘となったりと、
由来のものが各地に数多く存在する。

富士山は
大太法師が琵琶湖を掘ったときの土を
盛り上げたものであるともいわれており、
途中こぼれた土がその間の山々であるといわれている。

また兵庫県の淡路島も
琵琶湖を掘った土で出来た島だといわれており、
そのため島の形が琵琶湖とよく似た形なのは
そのためだといわれている。


百鬼夜行願.jpg



これにて
妖怪百鬼夜行願
百鬼完走でございます。

次の百鬼に続くかどうかは
今のところ未定でございます。

皆様よい逢魔時をお過ごしください。

ではまた、次の黄昏にて……。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。