参考文献はこちら

2011年07月02日

とりあえず、ほいほい火

hoihoibi.jpg

ほいほい火

奈良県天理市柳本町、
雨の降りそうな夏の夜、
城址の山に向かって
「ほいほい」
と言うと飛んできて、
「じゃんじゃん」
と音を立てて消えるといわれている怪火。

目撃した者は
二三日高熱に悩まされるといわれている。

同じ奈良県内に
「じゃんじゃん火」
「残念火」
と呼ばれる怪火が伝わっており、
同じ性質の怪火だとされる。

こららは心中者や戦死した武将の霊が、
火の玉となって現れたものだといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。