参考文献はこちら

2011年07月01日

とりあえず、蛇蠱

hebimiko.jpg

蛇蠱(へびみこ)

香川県小豆島に伝わる憑き物の一種。

蛇蠱を持つ家の者が誰かを憎いと思うと、
相手に蛇が憑き悩まされ、
時には臓腑を蛇に食い破られ殺されてしまうといわれている。

蛇蠱の始まりは、次のようである。

あるとき海岸に長持が流れ着いたとき、
中身の確認もせずに多くの人が
自分が第一発見者で自分のものだと主張した。

やがて主張しあう者で
公平に分け合おうと決めて
長持を開けたところ、
中から大量の蛇が溢れ出してきた。

その蛇は自分の物だと主張していた人々の家へ入り込み、
これらの家々が蛇蠱の家系となったといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。