参考文献はこちら

2011年06月27日

とりあえず、カワエロ

kawaero.jpg

カワエロ

「カワイロ」「ノシ」とも呼ばれる、
岐阜県揖斐郡に伝わる河童の仲間で、
川の中にいるときには姿が見えないといわれている。

川底から出てくると猿に化けるといわれており、
カワエロが化けた猿は足跡に踵がなく、顔は白く、眉は黒いといわれている。

人の欲しがる物に化けて誑かすともいわれている。

武儀郡
――現在の関市では
「カワイロ」
と呼ばれ、子供に化けて相撲を挑んでくるが、
手を引っ張れば簡単に抜けて勝つことが出来るといわれる。

頭に皿に毒が入っており、
それが川の水と混ざると粘り、
川の中の人が岸に上がれなくなり、
その隙に尻を抜くという。

胡瓜の尻を食べてから川へ行くと
カワイロに狙われ溺死すると戒められているという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。