参考文献はこちら

2011年06月22日

とりあえず、狸火

tanukibi.jpg

狸火(たぬきび)

全国各地に出る怪火で、
主に徳島県に出るといわれている。

徳島県三好郡に住む男が夜更けに国境の村を歩いていると、
山頂に一点の灯が見え、それが見る見るうちに増えて数十個の数になった。

男はそれが狸火だとわかり、
身を守る方法に
「狸火に向かって小便をする」
「手のひらに犬を書いて膝頭にあてる」
があり、尿意を催していたので小便をしたところ、
すぐに消えたという。

摂津国川辺郡多田村
――現在の兵庫県川辺郡川西市に出たのは、
火であるのに人の形をしており、
牛を引いて火を携えているという。

携えている火から煙草の火を借りることも出来、
普通の人間となんら変わりなく害はない。

多くは雨の夜に出るといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。