参考文献はこちら

2011年06月21日

とりあえず、迷い船

mayoibune.jpg

迷い船(まよいぶね)

福岡県遠賀郡玄海町
――現在の宗像市の海上に出るという妖怪で、
盆の十五日の晩にのみ出るといわれており、
そのためその日の夜に海に出るのは禁忌とされている。

ある四人が禁忌を破って出たところ、
大量であったが海面に人の首が現れ、
笑ったり転がったりしたので恐ろしくなり、
急いで帰ったが、大量の魚と思ったものは全て草鞋であり、
後に四人は狂い死にしてしまったといわれている。

また風に逆らって行く帆船や
何もないのに話し声が聞こえることもあり、
その方へ向かうと必ず難破するといわれている。

迷い船が現れるときは必ずタマカゼ
――北西の方から吹く悪い風が吹き、大雨になるという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。