参考文献はこちら

2011年06月03日

とりあえず、七人同行

sitininndougyou.jpg

七人同行(しちにんどうぎょう)

香川県に伝わる行き逢い神の一種で、
普段は姿が見えないが、
牛の股の間から覗いたり、
動物や特別に耳を動かすことができる人には
姿を見ることが出きるともいわれている。

行き逢うと死んでしまうとも、
投げ飛ばされるともいわれている。

四辻で牛が急に止まったので、
股の間を覗くと、七人同行を見え、
難を逃れたという話もある。

香川県仲多度郡では
「七人童子(しちにんどうじ)」
と呼ばれる。

名前の通り童子の姿をしているといわれているが、
姿は七人同行同様見ることはできない。

また同じ読みで
「七人同志」
という、寛延年間の農民騒動で処刑された七人の怨霊もいる。

行き逢うと気分が悪くなり、
家に帰っても入る前に箕で仰いでもらわないと治らないといわれる。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。