参考文献はこちら

2011年05月25日

とりあえず、袋狢

hukuromujina.jpg

袋狢(ふくろむじな)

鳥山石燕著『画図百器徒然袋』に
大きな袋を担いだ女物の着物を着た狢の姿で描かれている。

「穴のむじなの直をするとは、
 おぼつかなきことのたとへにいへり。
 袋のうちのむじなも同じことながら、
 鹿を追ふ猟師のためには、
 まことに袋のものをさぐるがごとくならんと、
 夢のうちにおもひぬ。」
と記されている。

穴の狢の直をするとは、
手に入れていないものの評価は難しい、
という意味のことわざである。

『百鬼夜行絵巻』に
猿顔の宿直袋(とのいぶくろ)を担いだ
女の姿をした妖怪がおり、
先のことわざとこの妖怪を組み合わせて
石燕が創作した妖怪といわれている。

水木しげる著『図説日本妖怪大鑑』によれば、
憑かれると夜中に財宝を持ち逃げされてしまうといわれている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。