参考文献はこちら

2011年04月28日

とりあえず、鞍野郎

kurayarou.jpg

鞍野郎(くらやろう)

鳥山石燕著『画図百器徒然袋』に描かれる妖怪で、
鎌田政清(かまだまさきよ)が使用していた馬の鞍が妖怪化したものとされる。

水木しげる著『図説日本妖怪大鑑』によれば、
源義朝(みなもとのよしとも)が
藤原信頼(ふじわらののぶより)と共に平治の乱を起すが敗走、
婿の政清と共に
尾張の長田忠致(ながたただむね)の元へ落ち延びた。

忠致の裏切りにより正清は酒を呑まされ騙しうちされ、
義朝は入浴中に暗殺された。

政清の怨念が鞍に宿ったとされ、
紐の一部を手のように使い、
竹の棒を刀のように振りかざす姿で描かれている。

国書刊行会の解説によれば
「鎌田政清は源義家の家臣で、
 保元の乱に功があった。
 最後は義家とともに、
尾張で平忠盛に殺された。」
とある。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。