参考文献はこちら

2011年04月02日

とりあえず、クタ部

kutabe.jpg

クタベ

江戸時代末期の越中
――現在の富山県の立山に現れたという妖怪。

姿は「白澤」や「件」に似ているようで、
牛の身体に人の顔、両脇腹にも目を持つという。

山を登る者の前に立ち現れ、
人語を発して予言をしたという。

どんな薬も効かない原因不明の病気が流行るが、
自分の姿を写した見た者は、
その災難から逃れられるであろうといったという。

『道聴塗説』に「クタベ」の話が載っていると
村上健司編水木しげる画『日本妖怪大事典』に説明がある。

『道聴塗説』の著者は当時流行していたという
「神社姫」
の話に似ていることから
好事家の作り話であろうとしている。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。