参考文献はこちら

2011年03月22日

とりあえず、大百足

oomukade.jpg

大百足(おおむかで)

群馬県赤城山の神は大百足であり、
百足はその眷属であるため、殺さずに
「むかで、むかで、赤城へ行け」
と言って外に逃がすという。

大昔、
栃木県日光日光山の男体山の神と
赤城山の神が中禅寺湖をめぐり、
日光の神は大蛇、
赤城の神は大百足に変化し戦ったといわれる。

劣勢であった大蛇は弓の名手の助けを受け、
大百足の左目を射抜き、
勝利を収めたという。

大百足と大蛇の因縁は全国各地に見られる。

滋賀県三上山では大百足に困っていた
琵琶湖の竜宮の王である大蛇が、
自分を跨いで通った侍の豪胆さと勇気を買い、
百足退治を依頼し、
侍は唾をつけた矢で百足を射殺したといわれている。

石川県でも大蛇が猟師七人の力を借りて、
大百足を退治する話が伝わっている。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。